› コーヒーこだわり空間 › カフェ

  

Posted by at

2011年09月13日

門脇洋之さんの「カフェロッソ」に、行ってきました。


北九州市から、島根県安来市まで、高速道路で、4時間位で、到着しました。
バリスタがいるカフェ 門脇洋之さんの「カフェロッソ」に、行ってきました。

ワールド バリスタ チャンピオンシップ2005(in シアトル) 準優勝だけあって
決め細やか、へ-ゼルナッツ色のクレマで、シロップの様なトロリした濃厚な舌触りは絶品でした。

カプチーノアートは、パンダかな、凄く可愛くて、良く出来てました。
ティラミスも、オリジナルケーキで、とても美味しく最高です。

「カフェロッソ」がある場所は、
「えっこんなところにあるの!」というぐらい、田舎にあります。
でも、お客さんはひっきりなしで、満員です。

そんな中ずーっとエスプレッソをたて続けていた
 (しかも、カプチーノアートも当然のように出てくる)
のがスゴかったです。

自家焙煎珈琲工房ロッシュ by.店主
よかもん市場店
  


Posted by 自家焙煎珈琲工房ロッシュ at 20:38Comments(0)カフェ

2009年06月14日

亜羅琲珈さんにいってきました


今日は亜羅琲珈(あらびか)さんにいってきました。
北九州にある自家焙煎の珈琲店です。
実は、相方が30年前通っていたお店で、mowは初めてです。

何度か夕方行ってたのですが、いつも閉まっているのです。でも今日は看板に灯りが付いてる!

おもての富士ロイヤル初期型の古い焙煎機に出迎えられつつドアを開けると、なんとオーダーストップ。
よっぽど縁がないのかな…?
ところが「コーヒーだけだったらどうぞ」と入れて下さいました。ラッキー。

亜羅琲珈さんは約35年も営業なさっている老舗です。
店内は昔ながらの珈琲専門店。30年前と変わってないそうです。

長くやる秘訣は?ときくと「こつこつとやるのがコツ」と柔和なお顔で笑ってらっしゃるご主人は御年76才。お若い!!
今も毎日少量ずつ、ご自分で焙煎なさっているそうです。

開店当初は夜12時迄営業し、食事も出していたそう(もちろん手作り)。
それを隣に和食店が出来たから食事はやめ、前にケーキ屋が出来たらケーキは1種類に減らす。
「よそと競争しても仕方ないし、まぁ無理せずやめろって言われてるのかなと思って、歳だしね。時間も7時に短くしたよ。」と。

緩やかに変化しつつ、適度な肩の力の抜けぶりが長く続けられる一番の秘訣かも知れませんネ。

相方は長く営業続けるのはすごい!と感心しきりで、閉店までの30分楽しくお話しできました。

長く続けていくぞーと心に誓う1日となりました。

自家焙煎珈琲工房ロッシュ  by.mow  


Posted by 自家焙煎珈琲工房ロッシュ at 02:09Comments(2)カフェ

2009年06月04日

住吉のピタパン屋SLOW

先日、雨が降る中、知り合いのお勧めの
住吉のピタパン屋「SLOW」さんに行ってきました。

「住吉のピタパン屋」という友達がつけてくれたそうです。
そちらの方が目立ちますが、あくまで、店名は「SLOW」だそうです。face02
店名の「SLOW」はスローフードのスローからとっているそう。
店の野菜は、微農薬野菜を使っていると言われていました。

店内は持ち帰りが主なようで、少しだけ店内で食べるスペースがあります。

↓写真は注文カウンター。


ピタパンは注文があってから作っていただけます。

ピタパンとは薄いパンに野菜やお肉を挟んで食べるサンドウィッチのようなものです。

 (ピタパンとポテトとコーヒーのセットです)

 デジカメで録ったんですが、すごく写りが悪かったので、
 すみません。

やはり女性むきなのかなー、
おじさんには量が足りませんでしたicon10

女性一人で切り盛りされているお店です。
自分も一人でやっていたので、
お店を一人でするのは、大変だろうなと思いました。

なのに、忙しいところ根堀り葉堀りお話聞いたので、怒られちゃいました。
(ごめんなさい)face12
しかも、むさくるしい男2人で。

手土産にうちの珈琲豆を持っていったら
美味しいと誉めてくれたので嬉しかったです。


ちなみに、帰りにハニー珈琲に寄って、カプチーノを飲んだら、綺麗なリーフ模様が描いてありました。
練習中の身としては、あせっちゃいますicon10

自家焙煎珈琲工房ロッシュ  店主  


Posted by 自家焙煎珈琲工房ロッシュ at 21:09Comments(0)カフェ

2009年05月31日

manu coffee

manu coffee さんに行ってきましたよ~

カフェトライブのホームページを見て
夜遅くまで開いてるという事で、北九州から
車ですっ飛ばして行ってきました。icon17icon108

「渡辺通りより1本入った通り」・・・だそうで、
博多に土地勘のない私では、一人では
二度といけないかもしれません。。。

着いた時にはもうあたりは暗く、
ライトアップされたレンガの壁が目立ち、すぐに見付けられました。

私と一緒に行った友人は、カプチーノとラテ、



相方はカフェプレスに入った、スペシャリティコーヒー、を注文。
 (すみません、名前忘れた)

このとき、根堀り葉堀り聞いたせいか、
お店の方が話しかけてくださいました。

他のお客様がいる中、色々な質問にも嫌がらず答えていただいて、
きさくでとても良い感じicon64

例えば、一人でこのお店に行ったら、
「お店の方とお話して、珈琲を飲んで帰ると、気分良く家に帰れそう」
という印象を受けました。
そこらへんが、人気のひとつでもあるのかな?

まぁ、私でも、会社帰りには、家に着くまえに
何かワンクッション欲しいですからね。

やっぱり、良い店員さんがいるお店は、良いお店ですよね~。

エスプレッソを味見でいただいたから、言ってる訳ではありませんよface02
あっ、ちなみに今は、
夏に向けて酸味の強いものにしているそうです。

夜8時過ぎてくると、お客さんも増えてきたので、
そうそうに退散しましたが、
お話が出来てとっても良かったですicon67


自家焙煎珈琲工房ロッシュ by.mow  


Posted by 自家焙煎珈琲工房ロッシュ at 16:55Comments(3)カフェ

2009年05月02日

手音さんに行ってきました

こんにちは。またmowです。
前回、abekiさんに行ったのに、まだその後、大橋まで足をのばし
手音(てのん)さんにも行ってきました。

こちらは、手回しの焙煎機で珈琲豆を自家焙煎しているお店です。
Cafe&Restaurant2006年12月号で紹介されていて、
気になって行ってみたら、相方がとっても気に入ってしまったお店です。

なんでしょう、店内のつくりとか、雰囲気とか、
シンプルながら居心地がよいのです。

こちらもカウンターに座れば、
1杯ずつ丁寧に淹れる作業をじっくり拝見できます。

でもこれって、淹れる方からするとかなりの緊張なんですけどね。。。
わかっていながら、他の店ではつい見てしまいます。
(ごめんなさい)

きちんとした苦味がありながら、後味はスッキリとした珈琲をいただいて
満足、満足。



自家焙煎珈琲工房ロッシュ  


Posted by 自家焙煎珈琲工房ロッシュ at 16:40Comments(0)カフェ

2009年04月28日

abekiさんに行ってきました

さて、今回美美さんにはあえなくフラれてしまったのですが、
・・・どーしても、珈琲が飲みたいicon77

せっかくだから、行ったことが無いお店へ。
という事で、「福岡珈琲散歩」に載っていた「abeki」さんに決定。

お店は平尾1丁目の交差点の角にあります。
この道、以前は相方が仕事で一時期車で通っていたのですが、
まったく気が付かなかったそうで。
大きな窓から見える白衣姿のご主人が、こんなに目立つのに。。。

家具などはアンティークで揃えているようで、全体的に白いイメージ。
教会音楽(?)が流れる店内は、
外の喧騒とは離れ、静かな時間が流れています。

相方はマンデリン(深いコク)、私はブラジル(優しいコク)を注文。
1杯ずつドリップでたててくれます。
サラリとしたコーヒーは、苦いのが嫌いな方にお勧めです。



後で他の方のブログで知ったのですが、ケーキもありました。
気が付かず、オーダーしませんでした。残念icon198

とにかく珈琲しか考えていなかった私たちは、
オシャレな店内からそそくさと退散。

あっ、店内の写真取ってなかった・・・


自家焙煎珈琲工房ロッシュ  


Posted by 自家焙煎珈琲工房ロッシュ at 16:59Comments(2)カフェ

2009年04月27日

美美さん移転

こんにちは。今日の担当はmowです。

先日、お出かけ中に急に珈琲が飲みたくなって
博多の「珈琲美美」さんへ行くことにしました。

美美さんといえば、全国的にも有名な珈琲店で、
ご主人自ら、海外へ豆の買い付けに行っておられます。

時間の経過を感じさせる琥珀色の壁、そして珈琲の香りに満ちた店内
深煎りの珈琲をのみながら、静かな時間を過ごす・・・。

なんて想像をふくらませていたのですが、
着いてみてびっくり、移転のため、27日までは珈琲豆の販売のみとの事。
全然知らなかった。がーんicon196

地元にばかり居て、自分のまわりの事ばかり考えていると、
こういう事になるのね。。。情報って大切icon11

奥様からもらったチラシによると、
5/1(金)からは新店舗で営業されるそうです。

「場所は赤坂3丁目のバス停から美術館へ向かい2分、
緑の中に1Fが豆売り、2Fがコーヒールーム。
お隣にはユニークな工芸店FOUCAULTさんも同時に開店します。」

との事です。
なにやら芸術的な香りがしませんか?
 (美美さんはロゴも素敵ですヨ)
緑の中というのも静かな時間を過ごせそうですね!

カウンターに座れば珈琲の抽出もじっくり見る事ができますので、
珈琲のいれ方がわからない、という方にも参考になると思います。
(新しいお店はどうなるのか、わかりませんが)
珈琲初心者の方も臆せず行ってみてください。

新しい美美さんい行かれた方は、どんなだったか教えてくださいね
それではface02icon137


  珈琲美美 移転先
  〒810-0042福岡市中央区赤坂2-6-27
  営業時間 10:00~19:00(O.S.)
  定休日   月曜日


自家焙煎珈琲工房ロッシュ  


Posted by 自家焙煎珈琲工房ロッシュ at 16:17Comments(0)カフェ